リング

ときめく婚約指輪をチョイス!~結婚彩るエンゲージリング~

婚約のしるし

冠婚葬祭

歴史的背景があります

婚約指輪は元は西洋で始まった習慣で、現在では日本でも広く定着しています。こういった婚約指輪の価格は、男性の給料の3か月分というのが最近の定説です。一般的なサラリーマンの男性にとっては決して安くない価格ですが、婚約指輪は本来男性にある程度の経済的な負担を求める習慣でした。婚約の約束を象徴するだけに、ある程度の責任や負担が求められたと考えられます。現在では、様々なジュエリーブランドがオリジナルの婚約指輪を発売しています。ダイヤモンドを施したデザインも多く、女性にとってはスペシャルなプレゼントです。強固な宝石であるダイヤモンドは、二人の絆をより強くするためにも適した素材となります。選ぶデザインによっても意味合いが変わるのが最近の婚約指輪です。

複数のデザインがあります

婚約指輪には、幾つかのデザインがあることで知られています。一番シンプルなデザインとして人気なのが、ダイヤモンドなどの宝石を中央に配したタイプです。土台にはプラチナやゴールドなどが使用されるのが一般的で、婚約指輪の定番として認識されています。宝石の両脇に小さなダイヤモンドなどがあしらわれているタイプは、若干の豪華さが漂うのが特徴です。このようなシンプルなデザインと対照的なのが、指の周囲を宝石が取り巻くタイプです。サイズ直しが難しいという難点がありますが、圧倒的な存在感が感じられる点が魅力となっています。このタイプは、価格の点でも高額になる傾向がある婚約指輪です。昨今では各ジュエリーブランドが、デザインごとにロマンチックなイメージを設定しています。